人気ブログランキング |

e0224096_23380503.jpg

e0224096_23381569.jpg


e0224096_23382241.jpg

ざっくり球体関節作り紹介の続きです。
顔の造形ができたら、全てのパーツを研磨します。

スポンジやすりを使っていて、中でもFINEの使い勝手が良いです。
荒すぎず 細かすぎず、ふんわり、素焼きの感じに仕上がるのが好きです^^

初めて 肌用の粘土をブレンドして 試し焼きし、やすりをかけた時
予想以上に好みの質感が出て、1人感動していました。
私の他にも 同じように感じてくれる方が いたらいいな。。。
イベントでは 直に質感を見ていただけるので 嬉しいです*

⑱顔に彩色した後 組み立てて、
 ボディにも彩色すれば本体の完成です*

 彩色には パステルを使っています。
 筆や綿棒でぼかしながら、色を入れていきます。
 細い線を描くときは、水で溶いて 面相筆で描いています。

1体1体、同じように作っても 完成に近づくにつれ 個性が出てきて、
毎回 楽しみと同時にドキドキします。
今回の水色の子は、見本の子に比べて キリッとした印象に、
ピンクの子は落ち着いた雰囲気になりました。

今日もチェックしてくださってありがとうございます、明日もいい日になりますようにˊᗜˋ
 



by toychestofacones | 2017-10-13 23:37 | 2017年~球体関節のドールができるまで | Trackback | Comments(0)

e0224096_22412880.jpg


















e0224096_22413637.jpg


















e0224096_22414534.jpg



















ざっくり球体関節作り紹介の続きです。
全体のパーツがそろったので、バランスをみて調整後、
いよいよ顔を作っていきます。
気の抜けない作業ばかりですが、
顔、特に目は大事だと思うので集中して取り組んでいます。

⑮顔を作ります。
 はじめに頭部パーツを研磨しておきます。
 目は アクリル絵の具と面相筆を使って描いています。
 レンズ効果でちょっとした筆跡も大きく見えるので、細部まで丁寧に 慎重に。。。
 特に虹彩を描くのに気を使っています。

⑯レジン液を 少しずつ垂らして レンズを作ります。
 気泡が入らないように、塗っては硬化をひたすら繰り返して
 半球になるまで 薄く塗膜を重ねていきます。

 瞳孔が開いた猫の目が好きなのも影響してか、いつも ちょっと猫っぽい目に仕上がります。
 三角で白目が少ないのが好みなのです*

⑰目ができたら 上部に睫毛を植え、
 モデリングペーストでまぶたを作ります。
 見本のドールよりも睫毛のボリュームがupしました。

 睫毛は人用の つけ睫毛を使っています。
 綺麗に、可愛く見えるためには 自然な睫毛が欠かせないっ、と
 先細りになっている毛先を使うために 根元をカットして植えています。

 つけ睫毛は もともと カールしているため カットすると あらぬ方向に向いたりして
 植えるのに手こずったりする時も多々ありますが、
 綺麗に見えれば良し!今後もこだわっていきたいです*^^*
 (ピンセットって、強くつまみすぎると逆に毛を離してしまうので お気をつけくださいね。
  私はついつい力が入りすぎて、肝心なところで毛を落としてしまったり。。。
  よく失敗しております)

_________________
以下 作業報告です。

球体関節2体、
組み立てを終え、彩色まで完了しました。
また後日 写真を載せます。

今日もチェックしてくださってありがとうございます、明日もいい日になりますようにˊᗜˋ





by toychestofacones | 2017-10-12 23:26 | 2017年~球体関節のドールができるまで | Trackback | Comments(0)

e0224096_22530896.jpg


















e0224096_22513537.jpg


















e0224096_22515044.jpg


















ざっくり球体関節作り紹介の続きです。
頭部、腕、下半身がそろえば、上半身(胸や背中)が作れます。

⑬ウィッグの土台ができたら耳を作ります。

⑭胴体の上半分を作ります。
 頭や腕、胴体の下半分とのバランスをみながら作っていきます。

 肩関節球、胴体の下半分のパーツを押し付けて、接合部分を凹ませます。
 背中には羽を付けるための磁石を埋め込みます。

 少女用のワンピースを着せたくて、胸はほぼ ぺたんこに作りました。

_________________
以下 作業報告です。

ワンピースが完成しました。
スパンコールやビーズを使って
試作よりもフリルと刺繍を豪華にしました。

ドールスタンドにフェイクグリーンを植えました。
題名のプレートは まだ考え中です。

今日もチェックしてくださってありがとうございます、明日もいい日になりますようにˊᗜˋ



by toychestofacones | 2017-10-11 23:07 | 2017年~球体関節のドールができるまで | Trackback | Comments(0)

e0224096_14400467.jpg

e0224096_14401162.jpg




















e0224096_14402655.jpg


















ざっくり球体関節作り紹介の続きです。
腕部分ができたら頭を作ります。

⑪頭をつくります。
 頭頂はゴムの結び目がくるので凹ませておきます。
 首の付け根は
 首の関節球を押し当てて凹ませます。
 頭はできるだけ軽くなるように、アルミを芯にして 粘土で包んで焼きます。

⑫耳をつける前にウィッグの土台を作ります。
 ビニール、ガーゼで頭部を包んでゴムで止め、
 髪を植える部分にメディウムを塗り重ねます。
 乾かすと 頭の形の土台ができます。


今日もチェックしてくださってありがとうございます、明日もいい日になりますようにˊᗜˋ






by toychestofacones | 2017-10-10 23:39 | 2017年~球体関節のドールができるまで | Trackback | Comments(0)

e0224096_22185257.jpg


















ざっくり球体関節作り紹介の続きです。
手ができたら 腕を作っていきます。

⑩足と同じように腕をつくります。
 肩、肘、手首の関節パーツを粘土でつないだ後に
 細部の肉付けをしていきます。
 
 左右の長さに気をつけます。
 肩の球から手までを1本のワイヤーに通して作ると、バランスをとり易いです。

_________________
以下 作業報告です。

昨日苦戦したワンピースの下地ができました*
格子柄の刺繍が完成です。

ドールスタンドの土台は、モデリングペーストを塗りました。
ナイフで塗りつけていたものですから、
何だかケーキを作っているような気分でした。(緑ですけど;)
e0224096_22190573.jpg


















e0224096_22191703.jpg

e0224096_22194362.jpg

今日もチェックしてくださってありがとうございます、明日もいい日になりますようにˊᗜˋ




by toychestofacones | 2017-10-09 22:32 | 2017年~球体関節のドールができるまで | Trackback | Comments(0)

e0224096_17483946.jpg



















e0224096_17485495.jpg


















ざっくり球体関節作り紹介の続きです。
下半身ができたら 手を作っていきます。

まずワイヤーに粘土をコーティングして
 指を作ります。

 #28のフラワー用ワイヤーを使っています。
 フィモリキッド(液体状のポリマークレイ)を粘土に混ぜて
 ゆるくして使っています。
 ワイヤーに糸を巻きつけておくと
 均等に粘土をコーティングできることが分かってきました*

⑨指をまとめて、程よい長さにカットし、
 手のひらの肉付けをします。
 指をまとめる時も糸を使って、止めていくと作業しやすいです。
 球は手ができあがってから、余分なワイヤーをカットして、くっつけます。

_________________
今日の作業報告です。
目のレンズまで作れたので、睫毛を植えて、まぶたを作りました。

夢中で植えていたら、見本のドールよりも睫毛の量が多めに。
前にも増して
ふっさふっさ しております(ŐдŐ๑)
写真は ざっくり紹介の頭部編でお見せします。

メイクしたら頭部パーツは完成です。
 
ここまで読んでくださってありがとうございます、明日もいい日になりますようにˊᗜˋ





 

by toychestofacones | 2017-10-07 23:48 | 2017年~球体関節のドールができるまで | Trackback | Comments(0)

e0224096_17314778.jpg



















ざっくり球体関節作り紹介の続きです。
胴体の下半分(お腹からお尻)のおおもとができたので、
細部を作っていきます。

⑦お腹とお尻を中心に肉付けし
 好みのフォルムにしていきます。

 私は特に この段階の作業が好きです。
 全身のパーツ制作の中で1番楽しく作業しています*
 お腹を ちょっと ぽっこりさせて、最後に腰骨を張り出させるのが好みです。
 幼すぎず、アダルトすぎず、にこだわって仕上げました。


 


by toychestofacones | 2017-10-06 23:31 | 2017年~球体関節のドールができるまで | Trackback | Comments(0)

e0224096_22583124.jpg



















e0224096_22584072.jpg



















ざっくり球体関節作り紹介の続きです。
足ができた後は胴体の下半分(お腹からお尻)を作っていきます。
大まかに形をとって焼いた後で、細かくディテールを整えます。

⑤胴体の下半分を作ります。
 スタイロフォームを
 出来上がりの1/3の大きさに切り出します。
 
 写真左の完成形に対して1/3になるようにカッターで切ったものが写真右側です。
 スタイロフォームは熱で縮みます。
 粘土で包んで焼くと、スタイロフォームの部分が空洞になる作戦です。
 
⑥切り出したスタイロフォームを粘土で包んだ後、
 股関節用の球(太ももパーツ)を押し付けて凹ませます。
 これで球の受け皿ができます。











by toychestofacones | 2017-10-03 23:12 | 2017年~球体関節のドールができるまで | Trackback | Comments(0)

e0224096_22510062.jpg



















e0224096_22510855.jpg


















ざっくり球体関節作り紹介の続きです。
まず関節ができてから、各パーツを作っています。
身体は下半身から作っていきます。

③足のパーツを作って、球をくっつけた後、
 粘土を押し付けて受けを作ります。
 足は後ろにだけ 曲げられて、立った時にカッツリ止まるようにします。

④左右のバランスをみながら 関節同士をつなげた後、
 肉付けしていきます。
 左右対称にするのが本当に難しいです。
 何度も見比べながら作業します。
 
ここまで読んでくださってありがとうございます、明日もいい日になりますようにˊᗜˋ




by toychestofacones | 2017-10-01 23:38 | 2017年~球体関節のドールができるまで | Trackback | Comments(0)

e0224096_21152321.jpg



















e0224096_21153138.jpg



















球体関節3体目を作り出してから
作業途中の写真を撮るようになりました。
いつも夢中になってしまって、写真を撮るのを忘れ続けています。
この機に 制作過程を メモも兼ねて まとめてみようと思います。
すごくざっくりした球体関節作り紹介ですが
「ふーん、こんな感じで作ってるのねー」と見ていただけるとうれしいです^^

材料はポリマークレイです。
パーツの形ができる度に焼成していきます。
この素焼きの感じが大好きです*
1体ずつ、基本体と見比べながら 粘土をこねて作っていきます。

まず関節部にはめる球を作ります。
  首と股関節用は8mm、肩関節は6mm、
  腕と膝、手首、足首は4mmで作っています。

 腕と膝の関節用に 2球をくっつけて関節球にします。
  1球では 折り曲げる部分が盛り上がってしまうのが嫌で、2球にしています。
 大きさをそろえるために ノギスで測りながら粘土を丸めていきます。
 なんだかパンみたいな形のパーツに。
  バターロールやクロワッサンを思い出してお腹がすきます。。。

2球をくっつけた関節球に 穴を開け、針金を通しておきます。
 粘土を球の上下に押し付けて 関節を作っていきます。
 この時 ベビーパウダーをはたいておくと、球にくっつきません。
 この3パーツがそろって初めて関節ができます。

ここまで読んでくださってありがとうございます、明日もいい日になりますようにˊᗜˋ





by toychestofacones | 2017-09-30 23:15 | 2017年~球体関節のドールができるまで | Trackback | Comments(0)