人気ブログランキング |

相談って

e0224096_22472995.jpg

今日は仕事の悩みや悶々とした気持ちを相談される日でした
みんな社会のどの位置にいても大変なのね、とつくづく感じました

ヨウリョウが良い人がいて
ヨウリョウが悪い自分がいる

時に人は嘆くけれど
ヨウリョウの良し悪しの線引きってどこだろ、とふと思ってみたり。

基準は所詮じぶんの中にあって
その基準は人それぞれ違っていて
自分基準でNGなことも 相手にはOKだったり、その逆も然り

そんな信頼できる基準もないフィールドで毎日人は仕事をしたり生活してたりする
理不尽な状況によって生まれてしまった割り切れない想い
どうすることもできない と嘆きながら どうにかしたいと苦しんで

相談するにも漠然としすぎた感情、
相談する相手も今後自分が今と同じ環境でやっていくために
なるだけリスクの少ない、それでいて理解を示してくれる相手を慎重に選んで

人って大変だなぁ
相談するのも よいしょがいるのかぁ
環境を変えずに割り切れない想いを処理するのも大変だ

私は最近まで 相談するって行為はすでに自分の中にある程度答えが出ていて
その答えを確信するために人の口からその答えを聞いて安心したいものなんだ
と思っていました

でも 全部そうとも言い切れない とこの頃感じるようになりました
分からないものが分かっていて
人の言葉の中にそれやその糸口を探す、みたいな

なんにせよ、人に相談することは自分ひとりで考えつめることより
はるかに答えや答えの糸口の提示数が多くなることみたい
人に尋ねることによって自分の疑問点が浮き彫りにならざるを得ないし

思春期の時は特にそうだったけど 相談したら負けだ、弱いヤツのすることだ
なんてケンケン思っていましたが 今はそれを全力訂正したい。
人の言葉を聞く度量がある人が 人に相談できるんです
求めているものがある程度明確だからこそ 行き着きたい想いがある
そのために 人と会話して 房になってしまった想いを
必要なもの、そうでないものに振り分けて削ぎ落としていく
それで納得のいく何かが見えたら万々歳♪
それが相談なのかな、と。

今日相談してきてくれた方は
自分でどうしようもない、と言いながらも どうしようもないことに対して
何かしらの感情のいなしかた、受け止めかたを模索して
自分で出した答え以外のものを求めて
会話を望んだように思いました
そのキャパシティってすごい!
私なら自分の答えに満足して独りよがりになりかねませんからね^^;

人を頼ることって とっても勇気やキャパがいることだなぁ
みんなすごいや

賢人って
薔薇園に植えられ大そうな名前の書かれたネームプレートを下げて
咲き誇っている大輪の薔薇ではなくて
日常の何気ない風景の片隅に溶け込んで
風に吹かれているような 雑草 と人は呼ぶ
何種類もの繊細な、
本当はそれぞれに名前もある草花みたいなものなのかな


♯6 オーナー 黒猫 バッカス
              レストランのまとめ役 おしゃれオーナー
              外見は派手で不遜な態度が近づき難い印象を与えるが
              実は周りをよく見ていて細かい気配りが
              この人気レストランの経営にも表れている
              しかしその気配り(やさしさと本人は言う)がスタッフに
              理解されにくい、というのもまた事実
              酒の神の名を持つのに下戸

彼はどこまでも王様してくれればいいと思います
トラックバックURL : https://acones.exblog.jp/tb/14139354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by toychestofacones | 2011-02-06 01:34 | ~2014R的思索 | Trackback | Comments(0)