タグ:キャラクターグッズ ( 3 ) タグの人気記事

ココの顔 植毛2回目

e0224096_22234355.jpg



















ココの顔、2回目の植毛写真です。
目を2倍の大きさで作りました。かなり迫力があります。
これに髪の毛を植えて、フードがくると 落ち着くはずっ

e0224096_22235405.jpg


















設定絵の目の形と同じように、眼球を三角っぽい形で作りました。
瞳孔も三角に描きました^^
顔の原型上に直接作る レジンアイです。

今までの試作では、眼球も、黒目部分も瞳孔も みんな丸でなければ! なんて
へんな固定観念で作っては
"可愛くならない…何で?!”
の繰り返しで ぐるぐる していました。
メガネザルみたいな失敗作の顔を積み上げてた あの頃…

今回 丸じゃなくても大丈夫だと分かったので 気が楽に♪

レンズ部分の 光の取り込み方が 予想しづらいのですが、
これからは好きに目を作っていきますよ~

e0224096_22240596.jpg



















赤系と青系なので違いはもちろんあるのですが、
やはり紫目の方が深い感じに見えますね。
横から見ると、ちょっとだけ白目が見えるのが こだわりであります*

毛の長さは、目を大きくしたこともあり、
前回よりも長めにカットしました。
顔の大きさがひとまわり大きくなりましたが、
"可愛ければOK”と自分に言い聞かせておりますっ

e0224096_22241432.jpg



















睫毛も良い感じです^^
顔はひとまず これでいくことにします。
次回は身体の試作を載せたいと思います。









[PR]
by toychestofacones | 2017-06-06 22:57 | 2017年~わーくログ  | Trackback | Comments(1)

ココの本格ドール化計画

e0224096_22503973.jpg



















これまでのココは、フェルト地やベロアを使った手縫いのドールとして
たくさんの方に可愛がってもらっていました。
他のキャラクターもそうですが、
体型もデフォルメされていて、キャラクター設定の絵とは ずいぶん違います。
絵の通りの比率でドールが作れたら素敵だろうな***、と以前から夢見ていました。
そこで、
本格ドール化 第一号はココに決定。
可動式ドールの仕組みを探りつつ、ビジュアルは キャラクター設定画に近づけていくのが方針です。

大きさは20~25cmくらいにしようと 設定画を20cmで印刷。
まずは顔の原型を作ります。

絵の顔の大きさにあわせて作ったのが下写真 左のもの。
球体関節人形のように ドールアイを別に作って はめ込もうと、目を開けています。

試しに植毛、目を入れてみて 気がつきました。
"顔……でかっ”

愚かでしたorz
植毛したら 顔の大きさは、当然 原型よりも大きくなります。
加えて 毛が生えたせいで、奥目になってしまうのですっTT

初めから上手くいく訳ないかぁ…
ぼやきながら 作りなおした原型が 下写真 右です。
やけにシンプル。
眼球はこの原型の上に後で作ればいいや、という考えです。
e0224096_22504916.jpg


















植毛した後の写真は 次回載せようと思います。








[PR]
by toychestofacones | 2017-06-04 23:28 | 2017年~わーくログ  | Trackback | Comments(0)

メリオルのフィギア

e0224096_22414266.jpg

4月、ドールを可動式にしたくて、ボディの仕組みをいろいろ試していた頃のものです。
難しすぎて、挫折しそうになり、
″まずは動かないものを1つ作ってみよう”
ということで出来上がったメリオルのフィギア

ワイヤーを芯にして、粘土で肉付けしました。
塗装は筆です。
市販されているフィギアの質感が 私にはしっくりこなくて、
落ち着くのは日本画の ざらざら、もんわりした質感。。。
で、岩絵の具や顔彩で仕上げました。
ふぅ、落ち着きます~
やさしい感じになりました。

↓後姿です。

e0224096_22420950.jpg



















テーブルと椅子は銅線をはんだ付け
木の部分はアイスの棒用のスティックにニスを塗ったもの

e0224096_22421976.jpg



















フォークを持ったメリオルのために
タルトかパフェか、
スイーツを作らないとですね。











[PR]
by toychestofacones | 2017-06-02 23:09 | 2017年~わーくログ  | Trackback | Comments(0)