カテゴリ:~2014R的思索( 5 )

主張は攻撃じゃないんだ

e0224096_0342680.jpg



















9月8日 晴れ

午後から打ち合わせ
途中からこちらの意図とはまったく違う方向に話が進みそうだったので
自分の考えを すっぱり きっぱり 述べてみた

はじめは相手も驚いたけど
そんな考えもあるのか、と歩み寄ってくれた
私もその人の言うことも一理あると思った

話は予想外のいい方向に進んだ

いいものをクリエイトする場には
時に遠慮や同調は邪魔になる

主張は相手を押し黙らせるためにする行為ではなくて
よりよいものを生み出すためのぶつかりあいなんだなぁ

[PR]
by toychestofacones | 2011-09-09 01:00 | ~2014R的思索

君の溶けた世界で僕は

前回メリオルの目がとれたので、何かよくないことがあったのだろうと
思索していましたが
その"よくないこと”が何だったのかが判明しました

大阪から帰る日の朝に実家から連絡が。
内容はペットのたなかが瀕死ということでした

ロボロフスキーハムスターの2才半のオスで、たなかは私がつけた名前
家族みんなのお気に入りだったのですが
ちょっと前から元気がなくなり25日には痙攣をおこしている状態だったとのこと
そして"ちょっと前”というのが
大阪で買い物をしていた私が
携帯につけていたメリオルの目がとれた日だと知りました

夕方に大阪から帰宅し様子をみるとまだ息がありました
苦しそうだけど、何もできない歯がゆさ
生きていてくれてありがとうという気持ちと
苦しんで逝くなら、いっそのこと早くに…という相反する気持ち
できるだけ苦しまないで安らかに、と祈るしかできませんでした

家族のみんなが寝静まった夜
私は眠れずにたなかをゲージから出してお腹をさすっていました
自分の部屋でインターネットを使って対処法を探りながら
ずっと左手にたなかを乗せていました

ふと今までされるがままだった手足をぱたぱたさせて
開けることのなかった口をあけて
たなかは4.5回啼きました(声は聞こえなかったけど…)
「たなかどうした?!」
それが私たちの最後の会話になりました

硬く冷たくなっていく小さすぎる体にもはやたなかはいないことを感じて
朝がきたら埋めるために
私は早々にゲージに遺体を戻しました

たなかの息が止まった瞬間
"溶けた”と感じたのです
その場の空間にたなかが溶け広がった、と感じました

死ぬって何だろう
何もかもが終わった、みたいな響きだけど
実際は違うように思う
何か、今生きている私たちの概念では到底考えられないような何かに変わって
ふわって、
ふわって、なんか昇るんじゃなくて広がるみたいな、
世界がまたひとつ濃密になった、というか
粒子というか分子、原子、素粒子、もっと小さいものに分かれて溶け出して
実際はもっと身近になったような…
死ぬって何なんだろう
私は今回何に対して泣いたのかな…

私はこれから、たなかは「空のお星様になった」とは言わないでしょう
初めて目の前で命が別のものになる瞬間を目の当たりにして学んだのは
きっともっと複雑で、尚且つ簡潔なことだと思っています
今はまだその感情や感覚に名前はつけれないけれど
たなかがくれたのは、とっても貴重で
向き合うことに大変意味のある課題であり感情だから

ありがとう、たなか
またひとつ、考えることをくれて、ありがとう

e0224096_19544492.jpg
[PR]
by toychestofacones | 2011-05-26 21:01 | ~2014R的思索

目がぁぁぁ(TΔT)

e0224096_9162820.jpg

ずっと携帯に付けていたメリオルのストラップ、買い物に出かけた先で目が取れちゃいました(泣)

なんか唐突に右足にコツンと何かが当たったのです。
でもその時は気づくことなく“なんだろー?”で済ませて買い物してたのです。
(今思えば絶対それだよぅorz)

時間を見るために携帯をポッケから出して判明、
目がないよぉぉぉ〈(T◇T)〉

目のボタンだけがきれいにポロリと無かったのです
他の刺繍はちゃんと残っているのに…うっ(泣)

でも落ち着いて考えてみると、メリオルは何かよくないことを代わりにもっていってくれたのかもしれないと(´・ω・`)

今までにも何件かアコネスのおもちゃ箱のうさぎを身につけてくれていた方から、その人にとってよくないことが起きる直前に目とか首とかストラップの連結部分が取れたとかいう話を頂いていたので、今回の私のもそう思うことにしました

いきなりポロッと取れるなんてホラーだと感じましたが、思い入れのあるうさぎがちっちゃい身体で人知れず災いと戦ってくれてたんだ、と考えると、何ともほっこりした気持になります。。。
ありがと、メリオル~(TωT)

きっと身につけるものって、その人の思い入れ次第で守ろうとしてくれるのかな、と感じた出来事でした

私だけかもですが、ストラップって長く装着できるものと出来ないものがあるのですよ
あるものはたった2日で取れちゃったのに対し、このメリオルストラップはもう3年以上付けていたのに1度も取れることが無かったのです
同じ携帯に付けてて同じ扱いを受けていたはずなのに、こんなに顕著に差が出るなんて実に興味深いですっ

このメリオルは今回をもって休ませてあげることにしました

もう一緒には行動することないけど、忘れたり捨てたりはしないよ
だから安心しておやすみ

[PR]
by toychestofacones | 2011-05-21 09:16 | ~2014R的思索

この2日間で多くの方々と出会うことができました
多くの笑顔に会えました

もう春ですね
桜もそろそろ咲き始めてる頃でしょうか
今年は大きな災害があって、穏やかに春を迎えられない土地もありますが
だからこそ、被害の無かった私たちは
自分たちにできる最大限のことを頑張らなきゃいけないし
頑張るための 心のほっこり がないとすぐに崩れてしまうと思います

その“心のほっこり、笑顔のもと”のひとつが私の作る うさぎやねこ であれば、
こんなに嬉しいことはありません

人間は小さなことで傷ついたり元気になったり、激しくなったり穏やかになったり…
人間にとって“小さなこと”は大きなこと

昨日、今日の皆様の笑顔が
私にまで元気をくれました、笑顔になれました
笑顔は伝染するし、元気もくれる
小さな笑顔の輪はやがて大きな輪になって、大きな元気になる
そう信じています

手に取って頂いたうさぎたちが
そっと貴方に寄り添っていられますように…
ちょっと心が がさがさした時に 
ふっと笑顔になれるような小さなものであれますように…

これからも“小さなもの”を生み出す創作者でありたい
心から願い、何度も自分に言い聞かせます

[PR]
by toychestofacones | 2011-03-21 19:58 | ~2014R的思索

相談って

e0224096_22472995.jpg

今日は仕事の悩みや悶々とした気持ちを相談される日でした
みんな社会のどの位置にいても大変なのね、とつくづく感じました

ヨウリョウが良い人がいて
ヨウリョウが悪い自分がいる

時に人は嘆くけれど
ヨウリョウの良し悪しの線引きってどこだろ、とふと思ってみたり。

基準は所詮じぶんの中にあって
その基準は人それぞれ違っていて
自分基準でNGなことも 相手にはOKだったり、その逆も然り

そんな信頼できる基準もないフィールドで毎日人は仕事をしたり生活してたりする
理不尽な状況によって生まれてしまった割り切れない想い
どうすることもできない と嘆きながら どうにかしたいと苦しんで

相談するにも漠然としすぎた感情、
相談する相手も今後自分が今と同じ環境でやっていくために
なるだけリスクの少ない、それでいて理解を示してくれる相手を慎重に選んで

人って大変だなぁ
相談するのも よいしょがいるのかぁ
環境を変えずに割り切れない想いを処理するのも大変だ

私は最近まで 相談するって行為はすでに自分の中にある程度答えが出ていて
その答えを確信するために人の口からその答えを聞いて安心したいものなんだ
と思っていました

でも 全部そうとも言い切れない とこの頃感じるようになりました
分からないものが分かっていて
人の言葉の中にそれやその糸口を探す、みたいな

なんにせよ、人に相談することは自分ひとりで考えつめることより
はるかに答えや答えの糸口の提示数が多くなることみたい
人に尋ねることによって自分の疑問点が浮き彫りにならざるを得ないし

思春期の時は特にそうだったけど 相談したら負けだ、弱いヤツのすることだ
なんてケンケン思っていましたが 今はそれを全力訂正したい。
人の言葉を聞く度量がある人が 人に相談できるんです
求めているものがある程度明確だからこそ 行き着きたい想いがある
そのために 人と会話して 房になってしまった想いを
必要なもの、そうでないものに振り分けて削ぎ落としていく
それで納得のいく何かが見えたら万々歳♪
それが相談なのかな、と。

今日相談してきてくれた方は
自分でどうしようもない、と言いながらも どうしようもないことに対して
何かしらの感情のいなしかた、受け止めかたを模索して
自分で出した答え以外のものを求めて
会話を望んだように思いました
そのキャパシティってすごい!
私なら自分の答えに満足して独りよがりになりかねませんからね^^;

人を頼ることって とっても勇気やキャパがいることだなぁ
みんなすごいや

賢人って
薔薇園に植えられ大そうな名前の書かれたネームプレートを下げて
咲き誇っている大輪の薔薇ではなくて
日常の何気ない風景の片隅に溶け込んで
風に吹かれているような 雑草 と人は呼ぶ
何種類もの繊細な、
本当はそれぞれに名前もある草花みたいなものなのかな


♯6 オーナー 黒猫 バッカス
              レストランのまとめ役 おしゃれオーナー
              外見は派手で不遜な態度が近づき難い印象を与えるが
              実は周りをよく見ていて細かい気配りが
              この人気レストランの経営にも表れている
              しかしその気配り(やさしさと本人は言う)がスタッフに
              理解されにくい、というのもまた事実
              酒の神の名を持つのに下戸

彼はどこまでも王様してくれればいいと思います
[PR]
by toychestofacones | 2011-02-06 01:34 | ~2014R的思索