もうちょっと先の工程まで考えておけば…

e0224096_22330069.jpg


















e0224096_22331187.jpg


















e0224096_22332360.jpg



















こんばんは
今日は "姫袖を縫ったけど 返すことまで考えてなかった” お話です。
ココのブラウス、見事に失敗しました。

型紙おこしの時は不織布で試作をしています。
ダーツも袖の型紙も修正して、いよいよ実際に使う布で試し縫いをしました。
(姫袖の広がり部分は切り返さずに、脇の縫い合わせ位置を変えることで解決しましたよ^^)

汗だくになりながらアイロンを使ってピンタックを作り、
ちくちく細かく手縫いして、
やっとブラウスが完成だ、裏返したら完成だ~
返せないぃぃぃ ><

肩口が狭く、袖口に向かって広くなる姫袖。
ただでさえ布地が多くなるのに、リボンと裏地を縫いつけたことが重なって
表に返すために肩口を通る布の量がとんでもないことに。
なんて浅慮だったんだorz
ちょっと先のことまで考えておく事って大事です。。。

貴方も、もし姫袖の服を作ることがあれば、裏返すことを考えて作ってくださいね!
どうぞ私のようにはならないでくださいTωT

今回の試作はボツにして、めげずに作りなおします。
ここまで読んでくださってありがとうございます、明日もいい日になりますようにˊᗜˋ









[PR]
トラックバックURL : http://acones.exblog.jp/tb/25879427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by toychestofacones | 2017-06-28 23:04 | 2017年~わーくログ ココ制作 | Trackback | Comments(0)