妖精の羽って…

e0224096_22432273.jpg



















手のひらサイズのドールについて、
妖精にしようと思いついてからのイメージ画です。
蝶の羽がにぎやかでいいかな、という安直な考えで蝶の羽作りをはじめました。

羽の絵を描いて印刷し、
1番初めにレジンをかけてみましたが、分厚く のっぺりしていて断念。

蝶の羽は鱗粉があるので、同じように粉を乗せればいいんじゃないか、と
次は羽脈を盛り上げて、岩絵の具で模様を描きました↓

e0224096_22433391.jpg



















もんわりした感じに。
この質感、大好きですが 今回は合わない。。。
キラキラしたほうが妖精っぽいと思ったので、この方法も断念。

描いた羽を印刷し、羽脈を透明のメディウムで盛り上げてみました。
光が当たると キラキラしている!
ガラスっぽい感じの羽、
昆虫でも人間でもない 妖精にぴったりだ!(←妖精に失礼だ)
この方法でいくことにしました^^

e0224096_22434371.jpg



















明日も この羽の続きについて書きます。
ここまで読んでくださってありがとうございます。










[PR]
トラックバックURL : http://acones.exblog.jp/tb/25842799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by toychestofacones | 2017-06-12 23:08 | 2017年~わーくログ  | Trackback | Comments(0)